Git とは何か?リポジトリとは何か?(備忘録)

Gitとは何か?

まずはWikipediaをみてみる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Git

分散型のバージョン管理システムってところで「ん?」となったが、調べるとバージョン管理のSVNが集中型で、この対比の言葉のようだ。どちらもバージョン管理システム(すでに作成しているコードを修正したら、プログラムが動かなくなってしまった場合、修正する前の状態に戻したり過去に遡って戻せるシステム)で、SVNはローカルポジトリを持たないが、Gitはローカルリポジトリを持っている。各ユーザーがこのローカルリポジトリを持つために、分散型と言っているようだ。

言い換えると、Gitはまずリモートリポジトリから自分のPC のローカルリポジトリにコードをコピー(clone)して、ローカルリポジトリ上でもバージョン管理(コミット・更新)ができて、ローカルリポジトリからリモートリポジトリへの更新(プッシュ・フェッチ)をすることができる。

これ以上書くと混乱しそうな気がするのでGitはここまで。

ではそもそもリポジトリとは何か?

こちらもWikipediaから。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%88%E3%83%AA

ソースコードの一時的な保管場所とのこと。

わかったようでわからない感じはあるが、Gitを使うことで腹落ちさせていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です