Raspberry Piを使ったネットワークカメラ構築

Raspberry Piを使って自宅にいる熱帯魚の様子を外から確認できるようにしたいと思います。

使うカメラは家にあったこちらのカメラ。や、安い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バッファロー WEBカメラ[USB・120万画素] マイク内蔵(ブラック) BSWHD06MBK
価格:1240円(税込、送料別) (2019/12/28時点)

楽天で購入

 

まずはRaspberry Piにweb カメラの接続。

Raspberry Piの認識確認。

$ lsusb

認識が確認できたらストリーミングソフトのインストール

ストリーミングソフト(今回はMJPG-streamer)のインストール。

#パッケージリスト更新とインストール
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade -y
sudo apt-get install build-essential libjpeg8-dev imagemagick libv4l-dev cmake -y
#Git のクローン
cd /tmp
git clone https://github.com/jacksonliam/mjpg-streamer.git
cd mjpg-streamer/mjpg-streamer-experimental
sudo make install
sudo cp -r www /var/www
#実行
sudo ./mjpg_streamer -i "./input_uvc.so -f 10 -r 640x480 -d /dev/video0 -y -n" -o "./output_http.so -w ./www -p 8080"
sudo bash run.sh

これで自宅LANでは映像確認が可能に。

次回の課題は自宅LAN外からの映像確認としたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA